プラセンタの知識


プラセンタは、厚生労働省にもきちんと医療薬品として認可を受けているものです。
しかしながら、用途が注射以外のもの、化粧品ですとか、サプリメントですとか・・・は、
実は、ヒトプラセンタではなく主に牛や豚のプラセンタが使われています。
ですが、他の牛や豚のプラセンタも成分はほぼ同じとされています。

しかし、2002年ごろの狂牛病の騒ぎがあって以来は、ウシプラセンタはほぼ使われなくなってしまいました。
最近では、馬や羊の胎盤が注目を浴びていまして、馬由来のものが、今は注目されていまして、アミノ酸が豚由来のものよりも多く含まれていることわかっています。

そしてアミノ酸も量が豊富なだけでなく、豚由来にはない、6種類の必須アミノ酸がが含まれています。その点では、馬由来のプラセンタは、豚以上のプラセンタとして期待されています。
様々な薬理効果もあり、コストと効果に見合ったプラセンタと摂取方法を選択していくことが、重要であると思います。

Comments are closed.