更年期障害に効くプラセンタ


更年期障害というのは、40から50歳代の女性に起こりやすいものだと言われています。
女性ホルモンの分泌量の変化によって起こるのが主な原因とされています。
症状としては、精神的症状が発生しているものです。イライラ、不安等があります。
実際の身体の症状としては、ほてり、のぼせ、めまい、発汗、しびれ、頭痛があります
最初のプラセンタが利用されていたのは、更年期障害の改善の注射でした。

当然この辛い更年期障害にもプラセンタは効果があるということです。
プランセンタの更年期障害の効果としては、ホルモンバランスを整えて、調節する機能があります。
定期的(月に一回程度)プラセンタを注射することで、
女性ホルモンの不足を補う事ができます。
精神的に安定させる効果もあり、生理とホルモン分泌の変化から精神的に不安定になったりするときも、プラセンタが持つ「内分泌調整作用」によって、ホルモンバランスを正常化して、精神を安定化させます。

今は、更年期障害は漢方等ではなく、きちんとプラセンタ注射をして治すといったクリニックも増えてきています。きちんと保険も適用されます。

Comments are closed.